わくわくするカーディーラー。 サイトマップ リコール情報 お問い合わせ

トップページ > 企業・採用情報 > 新卒採用情報 > 社員メッセージ

 

社員メッセージ

【2016年入社】

坂口(帝京大学卒業)

『当社を選んだ理由


 学生時代に何気ない気持ちで、ネッツ千葉の夏の1週間インターンシップに参加しました。インターンシップ中にネッツ千葉の社員から「この仕事は、売っただけでは終わらない。車検や点検もあって、ずっとお客様のサポートをしていく仕事なんだよ」と言われ、自分も長い付き合いができる仕事に就きたいと思いました。
 またネッツ千葉の店舗の明るさと、お客様と距離感の近い接客スタイルにも好感が持てました。自分自身19歳の時にネッツ千葉で車を購入しましたが、そのくらい若い人でも気兼ねなく入れる店舗は良いと思うし、自分も若い方に車の楽しさを感じて貰えるようなご提案がしたいと思いました。
 就職活動時には他の業界も受験していましたが、一人のお客様と長くお付き合いができる・信頼してもらえるというのが決め手で入社しました。

【2015年入社】

三村(共立女子短期大学卒業)

『私の仕事内容について


 私は、総合受付兼業務スタッフとして働いています。

 総合受付とはクルマが駐車場に入ってきたら誘導し、お出迎えをして、店内にご案内する仕事です。業務とは様々な書類の処理をメインに行う仕事です。主に営業スタッフとお客様がやりとりをして商談がまとまったら、書類を受け取り、管理保管をしています。他にも点検・車検の予約電話対応も行います。電話をとり、PCに予約内容を入力、カルテの記入を行ってからエンジニアにバトンタッチ。予約されたお客様がご来店されたときに、エンジニアがカルテを見ながら「今日は○○の点検ですね」と進めていきます。その進行がスムーズにいくよう正確に書類作成することを心掛けています。

坂入(青山学院女子短期大学卒業)

『当社を選んだ理由』


 私はカーレースが大好きです。この会社を選んだ理由もレース活動に非常に力を入れているという点が大きいです。レースは年に4戦+グランドファイナル+耐久の計6戦あります。現在の私の仕事は、レースレポートを作るために出張し、レース展開のメモや写真撮影等、レースに浸りっぱなしになります。レースは土日に開催される事が多く、土曜に予選、日曜に決勝というスケジュール。私たちは関係者として金曜日の練習走行からサーキットに行きます。入社前はファンとして土日しか行けていなかったので、金曜日の練習から行けることは本当に興奮します。
 とにかくレースに近い環境で仕事をしたい!私がこの会社を選んだ理由はこれに尽きると思います。

平山(東海大学卒業)

『一番嬉しかった事にまつわるエピソード


誰よりも、お客様の力になれる営業でいたい!”

 ある日、ご来店された車好きのお客様。検討していたのはヴェルファイアでした。普段聞かれないようなことを質問され、自信の無い返答しかできませんでした。

 お客様は「値段も高いし考えてみる…」とご帰宅されました。 せっかくご来店いただいたのにきちんとお答えできず申し訳なくて…その日から一念奮起!

質問された事を自分で調べたり、先輩にヒントを貰ったりしてお客様に解答を送りました。またお客様が悩んでいる他社の車種とヴェルファイアの違いを勉強して併せてお伝えした所、再度ご来店されました。「誰よりも頑張ってくれるし、やっぱり平山さんから買いたい!」また来店頂いただけただけでも嬉しいのに、こんなこと言ってくれるなんて…非常に嬉しかったです!

 ご契約後、「これから長い付き合いになるね」と言っていただけました。

田久保(慶應義塾大学卒業)

『一番嬉しかった事にまつわるエピソード』


“入社5ヶ月で、初めて車をご購入いただいたこと”

 ある日、人目を避けるようにご来店されたお客様。WISHをご覧になられていた為お声かけしましたが、その時は「時間ないから今日は帰ります」と言われお帰りになりました。

 電話、訪問、ハガキなど、様々な方法でフォロー。すると1か月後に再度ご来店して下さり、お車をご購入頂きました。その際に「途中で悩んでいたけれども、熱心に連絡してくれる田久保さんのお陰でいい買い物ができました」と言って下さいました。すごく嬉しかったですね!実はその2、3週間前に同じように購入するかどうか悩むお客様いらっしゃり「しつこいと思われるかな…」と思い控えめな行動をとっていた所、 他社に負けてしまったんです。

 その悔しい経験があり、先輩に相談したら、「やれるだけのことをやってみようよ!」と背中を押され、怖がらずにアプローチできました!

興津(日本自動車大学校卒業)

『店舗の雰囲気


 お客様とのコミュニケーションを大事にする社風がとても良いと感じました。整備職というと、つなぎを着て工場の中で黙々と車の整備をするイメージが入社前には少なからずありました。

 実際は受付から整備、作業内容の説明などを自らが行うことができ、整備職もお客様と直接コミュニケーションをとることが出来るのでとてもやりがいを感じています。
 入社前にとても不安だった整備に関しての知識や技術も、工場内の先輩方が親身になって教えてくださり、さまざまなアドバイスを頂いているうちに、こなせる仕事の内容が増えてきて点検や整備に自信が持てるようになって来ました。
 まだまだ未熟ですが、これからも先輩方を見習いながら日々勉強し、いつかは先輩方を越えられるようにがんばりたいと思います!

 

椎名(中央自動車大学校卒業)

『当社を選んだ理由』


 私がネッツトヨタ千葉を選んだ理由は、会社の雰囲気がとても良く安心して働ける職場である事と、エンジニアの教育に大変力を入れている事で自分自身の成長にも良いと思いネッツ千葉を選びました。

 

 入社前は体力、知識、技術、接客など不安な事ばかりでしたが、先輩方からわかりやすく教えて頂き、少しずつですが出来ることが増えてきました。

 

 これからも知識、技術を磨いて信頼されるエンジニアになれるよう頑張っていきたいと思います。

廣瀬(千葉県自動車大学校卒業)

『当社で働く目標


 ネッツトヨタ千葉の目指しているビジョンと価値観に魅力を感じて選びました。この2つを挙げた理由は、お客様も社員も明るく笑顔に満ち溢れた環境、そしてお互いに分からない事などを気軽に話し合ったり出来る環境で働きたいと思った事が理由です。

 

 実際に働いてみて分からない事などは先輩方が優しく教えて下さり、時に厳しくも指導して頂けます。

 

 自分も一日も早く先輩方の様な素晴らしいエンジニアになれるように努力しています。


2014年入社】

永島(立正大学卒業)

『就活生の皆様へ』


 自分のやりたいことは得てして、ふとしたひらめきから始まります。こうしたひらめきは過去の経験から生まれてくることもありますが、未来の夢を考えることで得られることもあります。未来の自分がどうありたいのか、それを考えた時のひらめきが会社を選ぶ一つの軸になると思います。

 企業も同じように未来の夢を考え活動しています。私が所属しているレクサスは2015年、日本国内で開業10周年を迎えました。しかし、壮大な夢に向かってのまだほんの入り口にしか過ぎません。これからの10年、さらなる飛躍に向けて私達と共にレクサスブランドを創っていきましょう。

 

関(トヨタ東京自動車大学校卒業)

研修制度について


 私がネッツトヨタ千葉に入社した理由は、福利厚生や研修制度の充実。そして店舗の明るく活気のある雰囲気が私にピッタリだと思い決めました。

 

 入社前は体力面や知識、技術など不安な事ばかりでした。先輩方の優しい指導、時には厳しい指導のおかげもあり、徐々に一人で作業できるようになりました。

 

 これからも先輩方と一緒にネッツトヨタ千葉のスタッフとして、活躍できるよ日々頑張っていきたいと思っています。

篠田(東京自動車大学校卒業)

『整備職を目指す皆様へ』


 私がネッツトヨタ千葉を選んだ理由として、店舗へ足を運んで見学をした際、店舗の雰囲気がとても良く、私もこの様な明るく楽しい職場で働きたいと思ったからです。また、研修制度の充実を知り、自分自身の成長に繋がると思いネッツトヨタ千葉に決めました。

 入社前は知識や技術などの不安が多くあり、自分に仕事が出来るのだろうか?と思っておりましたが、店舗配属後サービスエンジニアの先輩はもちろん、店舗の先輩方、皆に支えて頂き少しずつですが、一人で仕事が行える様になりました。

 これからも先輩方に支えられながら、様々な事を学び、信頼され、みんなを笑顔に出来る様に頑張って行きたいと思います。

長谷川(千葉県立旭高等技術専門校卒業)

私にとってのネッツトヨタ千葉


 私はカーレースが好きで、高校生の頃からネッツシュポルトで仕事がしたいと考えておりました。入社試験の面接の際「ネッツシュポルトで仕事がしたい」と希望を伝え、店舗エンジニアを経験しネッツシュポルトへの配属が実現しました。

 

 嬉しい気持ちの反面、サービスエンジニアとしての仕事も半人前の状態のまま、ネッツシュポルトに配属されることに不安な気持ちもありましたが、上司の方や先輩にひとつひとつ教えて頂きながら、毎日楽しく仕事をしています。

 

 自分にとってネッツ千葉は自分のやりたいことが実現できる会社だと思います。


【2013年入社】

舟橋(千葉大学卒業)

『当社を選んだ理由』


“地域密着で、チームワークを大切にする社風に惹かれました”

 私は千葉県が大好きで、県外就職は考えておらず、県内の有名な企業という軸で探していました。ネッツトヨタ千葉に興味を持ったきっかけは・・・取り扱い車種であるVOXYに憧れていた事。入社したら身近になるだろうと思ったという、不純な理由でした。

 初めは不純な理由でしたが、説明会の内容や、明るい社風・若い方がイキイキ働いている様子をみて、どんどん志望度が上がってきました。入社してから感じたのは、尊敬できる先輩が沢山いる会社だということです。

 好成績の先輩は、電話が鳴り止まない程お客様の問い合わせがあり、とても忙しそうなのですが、それでも私達新人が困っていると、声をかけてくれます。

面倒見がよくて、そして営業力のある先輩の元で仕事のやり方を見て、自分も成長していきたいです!

勝山(共立女子大学卒業)

『先輩からの就職活動アドバイス!!』


 準備の段階で、気になる会社があったら積極的に調べてみたり、会社説明会に行ってみたりするといいと思います。


 面接では、学生なので話すことはアルバイトの経験が多いと思います。


 「やってきたこと」をきちんと伝えることも大事ですが、「やってきたことを原動力にこの会社で何ができるか」の方が大事だと思います。


 自分のできること、やりたいことをきちんと整理してから面接に臨んでください。

渡邉(千葉県自動車総合大学校卒業)

『自動車販売店のエンジニア』


 エンジニアを目指している方、自動車販売店の整備士は点検ばっかりでつまらないと思っていませんか?


 実際の仕事では、エンジンのオーバーホール。電装系統の修理。不具合の故障診断などやりがいのある仕事がたくさんあります。


 他の整備工場ではやれない魅力的な仕事も実際はたくさんあり、エンジニアとしての腕を磨くのにはもってこいだと思います!!


自動車販売店は点検ばかりと偏見を持たないで下さい!!!
みなさんと一緒に仕事ができる日を心待ちにしてます!!

秋山(千葉県立市原高等技術専門校卒業)

『エンジニアを目指している皆様』


 エンジニアを目指す中で技術・知識はもちろん、人間関係を上手に築いていけるか不安な気持ちを持っている人は沢山いると思います。実は私もその一人でした。

 実際に社会人としてネッツトヨタ千葉で働いてみると、その不安も直ぐに吹き飛んでしまう職場でした。先輩や上司の方々は親切に指導して下さり、とても良い環境だと感じました。

 またネッツトヨタ千葉は新人教育・社員教育にも力を入れ取り組んでいます。これも社員の考え方・発想を未来へ繋ぐためです。

 ネッツトヨタ千葉で皆様と一緒に未来を築いていける事を楽しみにしています!!

2012年入社】

伊藤(明治大学卒業)

就職活動中の皆様へ


 営業という仕事は常に実績が付きまとう大変な仕事ですが、その分成果が出た時は、喜びややりがいも大いに感じられる仕事だと思っています。

 

 口下手な私にとって、この仕事が向いているのかどうかいつも自問自答しております。しかし、お客様と長いお付き合いができる仕事をしたい!という想いから選んだこの仕事に後悔はありません。

 

 仕事をしていると嫌なことや辛い事などたくさんあります。自分がどういう仕事をしたいか?思い描く将来像は?等、自分の軸をしっかり持っていれば乗り越えられると思います。就職活動は大変だと思いますが、自分を見つめ直す良い機会だと思います。

 

 是非頑張ってください。応援しています!

市村(学習院大学卒業)

『仕事の魅力』


 この仕事の最大の魅力は、お客様の顔を直接見る事の出来る点だと思います。車の販売や整備を通し、お客様と喜びを共有出来たり、困っている時に真っ先に駆けつけて手助けする等、常にお客様に寄り添って仕事をしています。

 

 お客様との距離が近い分、大変な事も沢山ありますが、それも更なるお客様との絆づくりに繋がる事が多いです。接客の仕事ですので、ショールームでは常に笑顔でいるよう心掛けています。


 就職活動中の皆様は何かと大変だと思いますが、まずは自ら行動する事が大事だと思います。周りに流されず、自分のやりたい仕事を見つけてください。

2011年入社】

田村(日本大学卒業)

当社を選んだ理由


“一番働いている人のことを考えている会社だと思ったから”

 自動車販売店、商社などを中心に就活をしていました。 自動車販売店を志望していた理由は「車通勤できる!」なんて安易な理由でしたが(笑)、数社から内定をいただきました。


 その中でネッツトヨタ千葉を選んだ理由は…一番、働いている人のことを考えている会社だと思ったからです。


 人事の方の言葉や、頑張った方へのご褒美の旅行などもそうですし、3年以内の離職率の低さも、働きやすい会社の表れだなと感じました。 また、大きい会社なので、色々な方から学ぶことができると思ったのも大きいですね。